T.Sコーポレーション × 天真堂

開発責任者が振り返る、お取引先様の独自開発商品化ご協力事例。国内屈指の育毛剤専門企画・販売会社である株式会社T.Sコーポレーション、国内で化粧品等の研究・製造委託する専門会社である株式会社天真堂の開発秘話をお送りします。

トップクラスのこだわりを持った育毛剤“BUBKA”はこうして作られた!1から企画・開発・製品化を振り返る!

どんなお客様にも満足してほしい

“オーダーメイド”とは、そして“イージーオーダー”との違いとは?

天真堂では商品提供をする場合、すでに認可済みの医薬部外品による『イージーオーダー』と、
まったく新しい商品を1から自社オリジナル商品として作る『オーダーメイド』の二つの方法があります。

天真堂は29年にも及ぶ実績から、このどちらのご要望にもお応えできるのが特長です。
今回の事例でご紹介するT.Sコーポレーション様はオリジナル商品をご要望でしたので、
天真堂とT.Sコーポレーション様が全面的な協力体制の元、研究開発を行いました。

そうして生まれたオーダーメイド商品「BUBKA-001」についてご紹介したいと思います。

天真堂_0622

理想の育毛剤を探して

T.Sコーポレーション様の出会いと印象は?

元々、天真堂では、育毛成分M-034等の成分の実績がありました。
ただ、T.Sコーポレーション様は育毛剤に精通され、このM-034について独自の見解をお持ちで、
効果が出る濃度に非常に強いこだわりがございました。

そこで、なんとかM-034を高濃度で配合した育毛剤を販売したいとおっしゃっていました。
それは私たちが今まで経験した中でもかなり強い気持ちをお持ちの印象で、時間も費用も惜しまないその姿勢に、我々もなんとしてでもお役にたちたい!と開発協力が始まりました。

184-2

試作回数200回以上

一番苦労したのはどんなところ?

配合成分、配合比率、使用感、すべてにおいて、結果が出る育毛剤に徹底的にこだわりが強く、オリジナル商品の開発が始まってから出来上がるまで苦労の連続でした。
「半年、1年と長く使っていただくものだから低刺激でいいものを」「サラサラ感を持ちながら頭皮をしっかりうるおす成分を」。

このようなこだわりを実現することにかなりの時間を費やしました。おそらく試作は200回以上にのぼります。

試作の回数が増えるのは、通常「企画のブレ」が原因の場合が多いのですが、
T.Sコーポレーション様の場合、企画がブレることなくこの回数の試作を行ったということが、こだわりの強さを表しているのではないでしょうか。

さらに、このこだわりは中身だけではなく、容器にもおよびました。
育毛剤には、様々な種類の容器がありますが、選んだのは、頭皮に直接届く「ノズル式」でした。
こちらを採用されたあとも、頭皮を傷めないようにとノズルの先端の仕様まで、本当に隅々にわたってこだわって開発しました。
その為、指示が的確に、迅速に行きわたることを考え、中身の製造はもちろん、容器、化粧箱にいたるまで、すべて日本国内で作業をおこないました。

184-3

徹底したこだわりはすべてユーザー目線からくるもの

開発を終えての感想は?

商品開発をなさる場合、最初は色々とやりたいこと、考えていることがあっても、
開発を進めていくうちに、様々な要因から妥協したり、企画を変えて行くことがあります。

しかし、T.Sコーポレーション様は当初から「お客様のために高品質のものづくりをしたい」という姿勢に妥協がなく、
その思いで200回以上のオリジナル商品の試作を行ったわけですが(100回を超えたあたりで苦笑いでしたが)、
結果として、納得のいく商品を誕生させることができました。

私たちも、この絶妙な配合バランスを実感レベルまで持ち上げることに協力できたことに達成感でいっぱいになりました。
弊社では、お客様に対して、最高のものをお届けするよう、もちろん常日頃から努力していますが、
今回、T.Sコーポレーション様と共に行ったオリジナル商品の開発では、
改めて、お客様の気持ちになることの大切さを教えていただいた、大変価値のある経験でした。

184-4