毎日使っているスキンケア用品、ちゃんと理解してますか?

皆さんがいつも何気なく使っているスキンケア用品。

実はこのスキンケア用品の中には色々な種類があることはご存知でしたか?
また、このスキンケア用品がどのようなルールで分けられているかは知っているでしょうか。

今回はこの違いについて説明していきたいと思います。

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」って何が違うの?

日本では、「薬機法」により、一般的なスキンケア品は全部で3つに分類されています。
「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

細かく、それぞれの違いを見ていきましょう。

<医薬品>
病気の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたもの。

<医薬部外品>
厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。
効果のある有効成分が配合されているのでその効果を訴求できます。
効能・効果が表示されているので自分にあった効能・効果を確認して使用します。
また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

<化粧品>
医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。
医薬部外品に認められている効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。

気になる効能・効果の違いは?

化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品

病気を治療するための「医薬品」が最も効能・効果は強いです。

化粧品と医薬部外品、選ぶならどっちがいいの?

効果・効能は医薬部外品のほうが強いです。

しかし、一概に医薬部外品が良いと言うことはできません。
なぜなら、化粧品は全成分の表示が義務付けられていますが、
医薬部外品は全成分の表示については法によって義務付けられていないのです。

そのため、お肌にあわない成分がある場合、
化粧品であればすべての成分をチェックしてから使うことができますが、
医薬部外品はお肌に合わない成分に気付かずに使ってしまうこともあります・・・

ですから、医薬部外品だといって手放しで信用するのではなくきちんと吟味することが大切です。

すべてのお客様へ安心して使っていただくための天真堂のこだわり

天真堂はお客様へ安心して商品を使っていただくために全成分を表示しています。
粧工連の自主基準に沿ってすべての成分を化粧箱に表示しているので、安心してチェックすることができます。

お肌への優しさ・美肌のためには広告やCMに惑わされることなく、
ちゃんとした知識を持ち、自らが商品を吟味することが必要なのかもしれません。

261_01_2