新緑の季節、ショーウィンドウの中の靴もブーツからサンダルに変わりました。
冬の間少しサボってしまったかかとのケア、
サンダルやパンプスを履く準備は万端ですか?
フットネイルを施してもらう時のネイリストさんの目線も気になりますよね。
カサカサかかとじゃせっかくの美しい靴も台無し。
本格的な夏が始まる前に、きちんとケアをしておきましょう。

かかとには皮脂を出す機能がありません

人間の体には皮脂を出す皮脂線というものが存在しますが、
かかとにはその皮脂線が存在しません。
足は比較的汗をかきやすい部位なのであまり実感がないかもしれませんね。
ガサガサかかとには顔と同じ、もしくは顔より保湿が必要なのです。

まずは角質を取り除くところから

肌の保湿には、まずいらない角質を
取り除くことから始めると効果的です。
角質がたまっている上からいくら保湿をしても
あまり効果がありません。
まずはいらない角質を取り除いて、
そのあとの保湿が浸透しやすいように準備をしましょう。

かかとや足の親指の下(拇指球)は
身体の中でも特に角質が厚くなる部位です。

そこまで皮膚が硬くなければ
足湯や入浴後など角質がふやけたタイミングで
スクラブなどを使い角質を取ります。

もし角質が厚くなってしまっている場合は
同じように皮膚をふやかしてから
かかと用のヤスリ等でこすります。
まずは粗めのもの、
そのあとに細かい目のものの順で使います。
乾いた肌にも使える電動のヤスリは楽チンです。

ドラッグストアなどで角質除去用のカッターも販売されているので、
あらかじめ特に厚いところを削ってから処理をするのも良いでしょう。

ただし、一気にやりすぎないように気をつけてください。
皮膚が薄くなりすぎるとヒリヒリしたり、
歩いたときに痛みを感じる恐れがあります。

どれくらい削ればいいのか加減がわからないのであれば、
薬剤に足を浸して洗い流した後、
1週間ほどかけて脱皮するように足の皮が剝けるものもありますよ。

ジャマな角質がなくなったらいざ!保湿!

角質がなくなったら保湿クリームをかかと中心になじませます。
面倒でなければ化粧水をつけてから
保湿クリームを塗るとさらに効果的です。
足専用のものがベストですが、顔に使って合わなかったり
余ってしまった化粧品を使用してもいいでしょう。
高級なものでなくても大丈夫です。

皮膚を柔らかくする効果のある尿素が入ったものもオススメです。

しっかりクリームを塗ったら天然素材の靴下を履きましょう。
保湿とともにクリームで足が滑るのを防げます。

まとめ

角質を削るのは特に気になった時で十分です。
眠る前の保湿が習慣になればきれいなかかとを長く保てるようになりますよ。

たまった角質はイヤな足のニオイの原因にもなります。
素足からニオイがするなんてとても嫌ですね。

早めにケアをして素敵な足を手に入れてくださいね。

おススメの記事はコチラ➤➤新生活スタート!環境変化に負けない肌作りを!