今年の夏は記録的な暑さ!
体感的にはもう夏も終わりに近いのに実はまだまだ前半戦。
例年よりも汗をかく今年、デオドラントケアで快適に過ごしましょう。

ケアを怠りがち…ボディのデオドラント

夏になると増えるデオドラント商品のCM。

脇汗対策の商品が主流ですが、
それ以外にも気になるのがボディ(胴体)の汗。
ボディの汗はノースリーブや半袖で比較的ケアしやすい脇に比べて
広域でケアがしづらい箇所です。
汗臭防止の成分が入ったボディソープや、
殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールが入った商品がおすすめです。

臭い対策で有名なものとして柿渋(カキタンニン)成分があります。
高い抗酸化作用と抗菌作用を持つと言われている、
天然由来の成分です。

一人になったらデオドラントケア!

外出先ではトイレに入った時などが体臭対策のチャンス。
汗は、かいたばかりの時にはほぼ臭いはありません。
汗が皮膚や衣類に付着した雑菌と混ざり合うことで臭くなるのです。

チャンスがあれば汗拭きシートなどでこまめに汗を拭きましょう。
脇、胸の谷間、背中、耳の後ろから
うなじにかかる部分が汗臭さを発しやすい箇所です。
胸の谷間や背中は汗疹やニキビもできやすいので念入りに。
すでに皮膚トラブルがでている場合、
汗拭きシートの成分で酷くなることもあるので
ノンアルコールのウェットティッシュや
赤ちゃんのおしりふき、
水に濡らし固く絞ったタオル等がおススメです。

サンダルだからって気を抜けない!

足も汗腺の多い部分。
足拭きシートなどでこちらもこまめに拭きましょう。
靴の中はにおいがこもるので毎日同じ靴を履かずに休ませつつ乾燥を。
使い捨てできる中敷が売っていますので
汗をかいたと思ったら変えてしまうのも手軽で便利です。

近距離だと一気に臭う!頭皮の汗

自分では気づきにくくても実はにおっているのが頭皮。
熱中症対策などでかぶる帽子の中で蒸れることも多いですよね。
こちらも汗臭対策の薬用シャンプーを使うと雑菌を減らすことができます。
そして、大切なのが髪をできるだけ早く乾かすこと。
風量の強いドライヤーで一気に乾かしましょう。
髪が濡れている時間が多ければそのぶん雑菌が発生しやすくなります。
ドライヤーで汗をかくという方は、
温風よりは時間がかかりますが冷風を使うと随分楽ですよ。

まとめ

今年の夏はどう対策をしても全く汗をかかないのは不可能。
たくさん汗をかいてエアコンのきいた室内に入ると風邪をひくこともありますし、
かいてしまった汗を肌や衣類に残さないことが大切です。
最近持っている人が増えてきた小型扇風機なども使うととても楽に過ごせますよ。

おススメの記事➤➤ 女子たるものツルツル肌を死守!夏のムダ毛退治