9月に入り夏の暑さも落ちつくかと思いきや、
台風一過で厳しい残暑、
下がらない湿度で肌のコンディションがブレブレ…。

本来なら汗や皮脂の分泌が減っていくものですが、
今年はそうもいかなさそう。

真夏には汗が悩みのタネでしたが、
意外にも秋になると増してくるのが皮脂悩み。

夏に受けたダメージのツケがあとで響かないよう、
今のうちにケアしましょう。

皮脂の取りすぎはかえってメイク崩れの元になる

ツヤ感を前面に出したデューイなメイクも流行ってはいるけど、
やっぱり秋冬はさらっとマットなメイクを好む女性も多いはず。
しかし!
肌がテカってきた時にあぶらとり紙などで皮脂を除去している方、
さらなる皮脂分泌を招いているかもしれません。

自分ではオイリー肌だと思っていても、
実際には肌が乾燥していることにより皮脂分泌が増える
インナードライさんが多いのです。

そこでどんどん皮脂をとっていくと、
肌は乾燥してしまったと勘違いしてもっと皮脂を分泌します。

インナードライ肌を改善するには保湿が大事

まずは、保湿効果の高い化粧水を
しっかり肌に入れ込みます。

毛穴が開いてしまっているなら
収れん化粧水で毛穴の引き締めを。

角質がたまっていたり小鼻の黒ずみが気になるなら
洗顔後にふき取り化粧水を使うことで
その後に使うスキンケア成分が浸透しやすくなります。

その後、乳液やジェルクリームなどでしっかりとフタをしましょう。
まだ本格的な秋冬には早いので
こっくりしたクリームは必ずしも必要ありません。

そして朝、メイクをするときはスキンケアが終わってすぐではなく、
数分待ちましょう。
スキンケア成分が浸透していないうちにメイクをするのも
化粧崩れの原因になります。

朝用のシートマスクなどを使うことで時短も期待できます。
メイク後に油浮きが気になったらあぶらとり紙よりも
ティッシュで軽く押さえると皮脂の取りすぎを防げますよ。

体の皮脂分泌過多はニオイに注意

夏の汗くささとは違うイヤなニオイ…。
皮脂は酸化してしまうことで
ニキビなどの肌トラブルに発展します。
こまめに拭き取るのも大切ですが、
きちんと入浴することを習慣にしましょう。

しっかり汗をかくことで
毛穴に溜まった古い皮脂をしっかり出す、
汗とは違い水だけでは落ちないので綺麗に洗い流す、
ということが大切です。

特に頭皮は外出先で洗うことが難しいので皮
脂対策に入浴は重要です。

まとめ

ファッションの秋はメイクだって楽しみたいもの。
ストレスもテカテカ顔の原因になります。
涼やかな顔でいられるように楽しみながらケアしましょう。