日に日に冬に近づいていく11月。

昼間は暖かいのに夜になると肌寒い…。

気がつかないうちに血流が滞り
体の冷えが取れないという方も多いのではないでしょうか?
美容と健康の大敵、冷えに対抗するにはどうすればいいのでしょうか。

悩む人の多い末端冷え性

身体の寒さは感じないけれど
つま先や指先が冷たくなってしまう末端冷え性。

寝る時に靴下を履いて寝る方も多いと思います。
しかし、寝るときの靴下選びが重要です。
睡眠中に足の裏からかいた汗や熱がうまく逃せないと
必要以上に汗をかく原因となるため、
かえって冷えを招くことになります。

モコモコした手触りのかわいい靴下が人気ですが、
それはお布団に入るまで。
かいた汗や熱がこもらないよう、
綿やシルクなど天然素材の靴下がお勧めです。
締め付けすぎる靴下は血流を妨げてしまうので
ゆったりしたものを選びましょう。

寝る時以外に履く靴下として5本指ソックスもオススメです。
冷えとり靴下として何枚か重ね履きする用の靴下も出ています。

温かい飲み物で内臓から温めよう!

冷えが血流を悪くするならば、
いかに体を暖かくするかが血流改善のカギ。
洋服を重ね着するのもいいけれど、
内臓の冷えは体調不良の原因にも。
体の中から暖かくすることが大切です。

温かい飲み物を飲むと体が温まりますが、
コーヒーや緑茶などカフェインが入っているものは利尿作用もあり、
結果として体を冷やす元になります。

そしてサラサラした飲み物よりも
ポタージュなど少しとろみのあるものの方が
胃にとどまりやすいので暖かさが長持ちします。

体を暖かくする食材として有名なショウガもオススメです。
ショウガを蒸して干した「乾姜 (カンキョウ) 」は、
生のショウガより「ショウガオール」という体を温める成分が増えるので
粉末状の乾姜を紅茶などのドリンクに入れると良いでしょう。

身体を動かして熱を作り出す

体が縮こまると血流が滞ります。
現代人はパソコンやスマホなどで
体が硬くなっている人がとても多いです。

そこでヨガやストレッチなど体の可動域を広げることで
血流を促すことができます。

筋肉トレーニングなどで筋肉を増やすことも効果的です。
脂肪は冷えの原因になりますが筋肉は熱を作り出します。
基礎代謝が上がれば脂肪燃焼も促進され
太りにくい身体作りにもつながります。

まとめ

血流が悪いとせっかくとった栄養も体中にうまく行き渡らず
もったいないですよね。
血流を改善すればお肌のターンオーバーも正常になりますので
美肌への近道にもなりますよ。

天真堂では、血流改善の機能性表示食品も取り扱っております。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

おすすめの記事➢➢気になる抜け毛や痛み…秋のまつ毛ダメージ対策!