夏は気をつけている方も多い汗臭。
でも実は寒い時期の汗の方がにおうって知っていましたか?
特に、暖かい日と寒い日が交互に訪れるこの時期は注意が必要です!

季節によって汗は質が違う?

同じ人から出ている汗でも季節によって汗の質が違います。

夏は気温の高さから汗が出る汗腺の動きが活発になるうえに、
水分補給もまめにとります。

それに比べて冬は1年で1番汗腺の動きが鈍くなり、
汗が出ないので水分補給も少なくなります。

汗に含まれる塩分も夏は少なくさらっとしているのに比べ、
冬は塩分が多くベタつくことが多いです。

コートや上着を脱いだ時にモワッと汗の匂いがしたことはありませんか?
厚着をすると汗がこもりなかなか乾かず、雑菌が繁殖しやすくなります。

特に三寒四温のこの時期は、
昨日は寒かったからと厚着をして出かけるとポカポカの小春日和で汗ばんでしまう…なんてことも。

汗腺を活発にするには?

まずは水分補給です。
夏ほど汗をかきませんが、
日本の秋から春先は湿度がとても低いですよね。

そのため自分で思っているよりも体内は乾燥しています。
まずは汗をかく前に、夏以外の時期も汗のもととなる水分をしっかり取りましょう。

そして、運動で体温を上げて血流を良くし、汗腺の動きを活発化させましょう。
ぬるめのお湯で半身浴をするのも効果的です。

厚手の衣類はなかなか洗濯できないものが多い!

ニットやコートなど、厚手の服は毎回洗濯するわけにいかないものも多いですね。
それならば、直接肌に触れるインナーはコットンなど
通気性がよく汗の吸収もよい薄手のものを着て、きちんと毎回洗濯をしましょう。

脇に汗をかきやすい方は、インナーの中に汗取りパットなどを仕込むのも手。

外出先などで汗をかいたなと思ったら、
汗取りパットを取り替えるなどして汗がこもらないようにしましょう。

汗臭を強くする食べ物とは?

まずはお肉です。
お肉に豊富に含まれているタンパク質、
これが体内に入ると、その一部はアンモニアへと姿を変え、
においの成分が生成されます。排泄物だけでなく、
血中に浸透したアンモニアが毛穴を通して放出されます。
これが臭いの原因となるのです。

そしてお酒。
アルコールを体内で代謝する際に発生するアセトアルデヒドという物質。
このアセトアルデヒドは毒性が強く、
二日酔いなどの原因になるやっかいなもの。
お酒を飲みすぎて代謝が追いつかない場合、
血管を通って汗にまじり体じゅうからにおいを発します。
お酒を飲むときは多めのお水も摂り、アルコール代謝を上げましょう。

まとめ

その他、タバコを吸う方はタバコのにおいに鼻が慣れてしまい、
自分の体臭に気が付きにくいと言われています。
体臭はなかなか他人から指摘しづらいもの。
根本的な対策はもちろん、制汗剤などもうまく取り入れ、
におい対策は、1年を通してエチケットとして心がけていきたいですね。

天真堂では、ユーザーの悩みに対応した有効成分の組み合わせ、
処方設計にこだわったデオドラント製品のご提案が可能です。
夏のデオドラント商戦に向け、是非一度お問い合わせください。

おすすめの記事➢➢冬のトラブル続きの肌に!温感美容で潤いを