Q1:どうしてそんなに早く医薬部外品がPB化できるのですか?

弊社では既に厚生労働省で認可された医薬部外品を、「薬用化粧品」と「健康薬品」の2つのカテゴリーで何種類もストックしております。その中から貴社のPB商品に適したものを選んでいただくことにより、小ロット・低コストで医薬部外品をPB化できるのです。
さらに容器やラベルといった商品化に必要な資材関係も一環して手配させていただいており、よりスピーディーなPB化が可能になります。

Q2:医薬部外品を販売するのに、許可や申請は必要ありますか?

医薬部外品は医薬品とは違い、販売に関して薬剤師を介在する必要もなく、特別な許可を受ける必要もありません。
すでに化粧品や健康食品などを販売されている企業様ならば、まったく同じ感覚で販売することができます。もちろん、インターネットを含む通信販売による小売りも可能です。

Q3:自社のPB商品として商品名などにオリジナリティを出したいのですが?

医薬部外品の場合、厚生労働省に申請した登録名称とは別に、パッケージや広告物等に貴社独自の商品名を表記することができますので、まったく問題ありません。
さらにパッケージやラベルのデザインはもちろん、容器の形状も貴社の要望に合わせてお選びいただくことができますので、よりオリジナリティのあるオンリーワンのPB商品として販売することが可能です。

Q4:医薬部外品は効能・効果に関する広告表現も可能なのですか?

医薬部外品の場合、厚生労働省より承認された効能・効果についてはパッケージにはもちろんのこと、広告上でも合法的に表記することができます。例えば、化粧品では一切謳えない「美白効果」、健康食品では謳えない「便秘改善」などといった広告コピーも問題ありません。
また、薬事法に関するそのようなご不安は、専門スタッフがご相談に応じさせていただいておりますので、ご安心ください。

Q5:ここにある医薬部外品以外に、新たに医薬部外品を作れますか?

弊社では、まったくの新規から医薬部外品作りをサポートさせていただくODMの体制も準備させていただいております。
ですから、弊社OEM用商品の中に、貴社の商品コンセプトに合う医薬部外品が見あたらない、もっと違う新たな医薬部外品が欲しい…といったご要望にお応えすることが可能です。その際に発生する厚生労働省への申請などの煩雑な業務に関しても、弊社の方で対応させていただいております。

Q6:通信販売業を立ち上げたいのですが、サポート体制もあるのですか?

はい、サポートさせていただきます。
弊社ではPB商品作りはもちろん、通信販売には最も重要な広告戦略、受注・在庫管理・配送などの業務全般を、実績のある専門スタッフがすべてサポートする体制を準備しております。
ですから、新たに通信販売による販路拡大を図りたいとお考えの企業様も、安心してご相談ください。