ぽかぽか陽気の春の訪れもあっという間に終わり、
気づけばムシムシ・ジメジメの梅雨模様。
洗濯物が乾きにくい。

外出の予定が入れられない。
髪の毛がまとまらず、せっかくセットした髪型が崩れてしまう。
など、日常生活にあらゆるお悩みを持たれる方も多く、
気持ちもどんより方向に…

そんな中でも、特に「梅雨×髪」に悩まれている方が多いのではないでしょうか。
ある調査によると、8割の女性が梅雨の湿気による髪の毛に悩まれているとのことです。
今回は女性だけでなく男性も悩まれるペタンコ髪について、
原因や対策を交えながらご紹介いたします。

梅雨に髪の悩みが増える原因は?

要因①:湿気

既にご存知かもしれませんが、
湿気が多い環境では髪が水分を吸収し、
髪内部の水分量が増加します。
では、どれくらい水分量が増えるのでしょうか?

健康な髪の水分量は7~11%ですが、
湿気が多いときは最大35%まで水分を保持します。
また、ダメージヘアの場合は更に水分が入りこみ、
最大68%になるとも言われています。

ハリコシがない髪ほど重さに耐えきれず、
水分量が増加した重い髪の根元は寝てしまい、
その結果ペタっとした印象を与えてしまうのです。

 要因②:紫外線ダメージ

紫外線が最も強い月は真夏ではないことをご存知でしょうか?

※UVインデックス値は、紫外線が体に及ぼす影響の度合いを分かりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したもの
※引用:気象庁

実は、梅雨の時期が最も紫外線が強いとされています。
紫外線などの外的刺激は、髪や頭皮にダメージを与え、
髪質や頭皮が弱くなり、元気のない髪になってしまいます。

要因③:乾燥

ムシムシする梅雨になると、
店内や電車など至る所で冷房が効き始めます。
冷房が効いた室内は非常に乾燥していますので、頭皮までも乾燥状態に。

さらに、梅雨は最も紫外線が強いため(要因②参照)、
ダメージを受け続けると頭皮は乾燥してしまいます。

乾燥した頭皮は、自ら乾燥を防ごうと皮脂を分泌し、べたつきや臭いの原因に。

また、乾燥はべたつきや臭いだけでなく、
抜け毛や薄毛の原因にもつながります。

※頭皮は顔のTゾーンに比べて2~3倍もの皮脂腺がありますので、皮脂が分泌されやすい部位なのです。

梅雨に負けないためには?

要因①~③を踏まえ、梅雨に負けないためには、

 ・髪にハリやコシを与えて、ボリュームをアップする。
    ・紫外線や環境ストレスから頭皮・髪を守る。
    ・頭皮を保湿し、乾燥を防ぐ。

ことが大切です。

正しい洗髪(シャンプー)を意識したり、
頭皮ケア商材を使用したり…
様々な対策がありますので、
ご自身にあった方法で梅雨に負けない頭皮・髪を目指しましょう。

天真堂では、海の力をコンセプトとした
新しい育毛剤(マリン育毛剤)を開発いたしました。
ペタンコ髪の原因を全てカバーし、
ダメージケアと同時に育毛・発毛促進が期待できる商品です。
気になる方は、是非一度お問い合わせください。

おススメの記事➤➤ダイエットに便秘は大敵!?“便活”でキレイと健康を!